当サイト注目記事


スポンサーサイト

--.--.-- (--) |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告Top↑

吉本興業社長が語る「ダウンタウン」

2011.04.29 (Fri) |

2011年04月28日放送の「カンブリア宮殿」にて、吉本興業・大洋 社長が出演していた。そこで、NSC時代のダウンタウンについて語られていた。

大「東京支社から大阪に転勤になって、NSCで稽古している若手芸人を見てたんですよ。そうしたら、ネタ見せをやってたのがダウンタウンだったんです。その頃、流行りだったテンポの速い漫才ではなくて、独特なスローテンポで、まるで世間話でもしているかのようなテンポだった」

「それで、他の芸人たちとは違うコンビだなって思って。ネタ自体も独特で。他の漫才を見てると、どこから矢が飛んでくるか、鉄砲の弾が飛んでくるか、だいたい分かるんですけど、ダウンタウンはどこから何が飛んでくるか分からなかった」

「ただ、なかなか売れなかった。それで喫茶店で2人と話をしてたんです。その中で、浜田が『俺らのこと、どう思います?』って訊いてきて。『オモロイと思うよ』って言ったんです。そうしたら、松本が『じゃあ、どうして売れへんのですか?』と訊いてきて」

「そこで、『ダウンタウンたち、若手が自由にできる場所を提供しよう』と思いまして、心斎橋二丁目劇場を立ち上げたんです。…僕はね、もともと全く働く気が無かった。でもね、そんな僕に頼ってきてくれる人がいる、だから頑張ろうと思ったんです」と語っていた。

【関連記事】
島田紳助が語る「吉本興業という会社」

芸能事務所の複雑な営業の実態

17:28  |  カンブリア宮殿Top↑
 | BLOGTOP | 

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。